始める前に、Standard以上ライセンスの活性化状態を確認してください。ライセンスが活性化すると、下記のように左側のメニューボタンでゾーンメニューが確認できます。


1. ゾーン追加(ADD ZONE)をクリックした後、アンチパスバック(Anti-passback)を選択し適用をクリックしてください。


2. アンチパスバックゾーン名称を入力します。APB規則に違反するユーザーを遮断するには、アンチパスバックの種類をハードAPBに設定し、APB解除時間を設定します。次に、入室端末および退室端末を設定してください。


3. デバイスの出力信号で、警報を発生させる場合には動作を設定します。


4. APB設定に関係なく、常にアクセスが可能なAPBバイパスグループを設定します。


5. APBルール違反でアラームが発生します。



動画デモ