定期的なログの削除

この内容は、アクセス規制にのみ適用されます。

ログデータは、問題発生時に技術支援チームに重要な手がかりを提供します。このログデータの内容が詳しいほど、問題をより簡単に素早く解決できます。
BioStar 2.6.0では、ログのレベル調整をサポートします。主な問題が発生した際、このレベルを変更して詳しいエラーメッセージをログに表示できます。またBioStar 2.6.0は、ドライブ空間を節約するためにログ削除機能も提供します。


システムログ保存期間(System log storage duration):保存期間は0から120日まで設定することができ、基本値は60日です。

ログは次の6つのカテゴリーに分けることができます。:システム(System)、デバッグ(Debug)、ネットワーク(Network)、ウェブ(Web)、SQL、ウェブソケット(Web Socket)**

ログレベルは0から5まで設定することができ、5に設定するとシステムログが残りません。
ログレベル:
0 = 追跡(ログが多く残る)
1 = デバッグ
2 = 情報
3 = 警告
4 = エラー
5 = 使用しない(ログを残さない)
log.confファイルでログ水準を直接修正すると、サーバーを終了して再度起動した後に適用され、UI設定を確認することができます。