始める前に、Standard以上ライセンスの活性化状態を確認してください。ライセンスが活性化すると、下記のように左メニューボタンでエリアメニューを確認することができます。基本過程を確認し、'グローバルエリア'と'ローカルエリア'の違いについて見てみましょう。

1. エリア > エリア追加をクリックしてください。

2. エリア名を入力した後、モードローカルまたはグローバルから選択してください。

  • ローカルエリア:RS-485接続されたマスターおよびスレーブデバイスで構成され、マスターデバイスは'エリアマスター'です。
  • グローバルエリア:TCP/IPおよびRS485が接続されたデバイスで構成され、BioStar 2サーバーは'エリアマスター'です。


3. 火災警報エリアに配置される出入口を選択し、火災警報信号を受信するためのデバイス入力を選択してください。


4. 必要な場合には、出力信号送信するための動作を追加してください。


5.'グローバルエリア'を使うよう設定された場合には、安定したサーバー状態の重要性を知らせる下の警告がポップアップメッセージで表示されます。


6. 完了後はモニタリング > エリア状態に移動し、テスト入力を通じて警報および出入口リレー応答を確認してください。



7. エリアを選択した後、アラーム解除ボタンをクリックしてください。すると、出入口が正常状態に変更されます。




動画デモ