一般的にネットワークまたはリーダーの接続が困難な設置環境は独立型(Standalone)で運営し、勤怠管理のためUSBメモリーでユーザーおよびログについての情報をインポート、エクスポートすることができます。
例えば、本社でBioStar 2サーバーに登録された使用者データをUSBメモリーにエクスポートした後、該当データを本社と離れた位置にあるデバイスでインポートすることができます。この事例と同様に、ログを独立型(Standalone)デバイスからエクスポートした後、、BioStar 2サーバーに移動させ、勤労者の勤怠記録に適用することができます。

これに関連し、BioStar V2.6.2以降から、次のような機能が追加されました。

  • BioStar 2からUSBメモリーにユーザーをエクスポート
  • USBメモリーからBioStar 2にユーザーをインポート
  • USBメモリーからBioStar 2にログをインポート


USBを使って、デバイスからBioStar 2サーバーにユーザーとログを全てインポートするには、“全て(All)”オプションを使用せず、デバイスでユーザーまたはログ情報をそれぞれエクスポートしなければなりません。


BioStar 2からUSBメモリーにユーザーをエクスポート

1. BioStar 2から ユーザー(USER)メニューに移動してください。
2. エクスポートするユーザーを選択してください。
3. 右側の アイコンをクリックしてください。
4. データファイルのエクスポート(Data File Export)をクリックしてください。USBメモリーまたはパソコンの指定された経路にユーザーデータを保存することができます。

5. ユーザーのデータファイルが確認できます。

6. この時、下記の情報がBioStar 2サーバーから送信されます。

  • ユーザープロフィール
  • ユーザーID
  • ユーザー名
  • ユーザーグループ
  • 期間
  • アクセスグループ
  • PIN
  • 個人認証モード(デバイス認証モードを含む)
  • クレデンシャル(顔、指紋、カード)
  • 1:1セキュリティーレベル

7. BioStar 2サーバーからエクスポートしたユーザーデータは、USBメモリーを通じてSupremaデバイスに移動させることができます。万一、ユーザーIDがすでに存在する場合は該当ユーザーはインポートから除外され、この情報はメッセージで表示されます。



USBメモリーからBioStar 2にユーザーをインポート

1. BioStar 2からユーザー(USER)メニューに移動してください。
2. データをインポートするユーザーを選択してください。
3. 右側の アイコンをクリックしてください
4.データファイルのインポート(Data File Import)をクリックしてください。USBメモリーまたはパソコンの指定された経路からユーザーデータをインポートすることができます。

5. USBメモリーに保存されたユーザーデータを選択することができます。



USBメモリーからBioStar 2にログをインポート

1. BioStar 2からモニタリング(MONITORING)メニューに移動してください。
2. イベントログに移動してください。
3. 右側の アイコンをクリックしてください
4. データファイルのインポート(Data File Import)をクリックしてください。USBメモリーまたはパソコンの指定された経路からユーザーデータをインポートすることができます。
5. USBメモリーに保存されたログファイルをTGZ形式で選択してください。
6. これで、BioStar 2からのインポート成功メッセージと共に、イベントログを確認することができます。



サポートデバイスおよびファームウェアバージョン